▼MENU

バイク用語集

バイクのちょっとした豆知識など"通"を目指す人のための百科事典です。

改造(かいぞう)
バイクを自分仕様にいじること。 最近では「カスタム」なる横文字が流行している。 首都圏や大型スクー...>>詳細
アーシング(あーしんぐ)
本当に効果があるのか良くわからないチューンアップのひとつ ガンスパークより視的効果の面で劣る 実害もほと...>>詳細
足回り交換(あしまわりこうかん)
古いバイクの延命策のひとつ 例えて言うならば、ボロ家の耐震補強工事、ぱっとサイデリア 実際にはその費用でよ...>>詳細
アルミ削りだし部品(あるみけずりだしぶひん)
金型を作れない場合に、素材ブロックから削りだして作る製品の総称 製品の強度よりも加工のしやすさで、素材...>>詳細
アルミ製エンジンカバーボルト(あるみせいえんじんかばーぼると)
クラッチカバーやゼネレータカバーを取り付けるためのアルミニウム製のボルトのこと エンジン内圧が高ま...>>詳細
ETC(Electronic Toll Collection System)(いーてぃーしー)
有料道路用の、自動料金決済システム GPSの次に来る、見栄を張るための道具 これを手にするということは、...>>詳細
インプレッション記事(いんぷれっしょんきじ)
主に新車の試乗記事のこと 意味不明なカタカナの羅列が多いほど、格式高いとされている 読者の感情と広告主との...>>詳細
運転免許(うんてんめんきょ)
自動車を運転するために必要な国家資格 お上から有り難く頂戴するものだと勘違いしている者が多いが、現代で...>>詳細
運転免許試験場(うんてんめんきょしけんじょう)
警察の子会社、天下り先のひとつ あるいは、交通安全協会の製品の販売店 同じ季節に生まれた人間ばかりが集まる...>>詳細
HID(えいちあいでぃ)
最近流行りの、高輝度ヘッドライトシステムの名称 変圧器で高電圧を発生させ放電により発光させる、一種の...>>詳細
FCRキャブ(えふしーあーるきゃぶ)
石を投げればFCRが吸い込むと言われるほどの人気がある より多くの燃料を消費して馬力が上がるのは、むしろ当...>>詳細
エンジンガード(えんじんがーど)
転倒時にエンジンを保護する、主に鋼管で作られている製品のこと 赤や青のライト類を装着するためにも用い...>>詳細
オイル添加剤(おいるてんかざい)
保護と性能向上を期待してエンジンオイルに混入して使用する薬剤 対象オイル銘柄の指定がないところが素晴ら...>>詳細
大型スクーター(おおがたすくーたー)
クルマを縦に半分に切った乗り物 計器類の豪華さが売り物 意外にも、オフロードでも使える これをカッコい...>>詳細
大型二輪免許(おおがたにりんめんきょ)
400ccを越えるバイクを運転するのに必要な資格 教習所で取得できるようになってから、やたらと大排気量車が売れ...>>詳細
オーストラリア(おーすとらりあ)
社会不適合なライダーや「外こもり」が行きたがる、最もポピュラーな場所 短期パッケージツアーの広告写真...>>詳細
オートキャンプ(おーときゃんぷ)
自宅にいる快適さを求めた、キャンプとしては最悪の形態、外道である 当然うるささも都市並みである オー...>>詳細
オフセットスプロケット(おふせっとすぷろけっと)
力がかかるポイントを外側にずらし、より大きな負担をドライブシャフトとベアリングに掛けるための部品 当...>>詳細
カスタム(かすたむ)
かつては「改造」と言われていたが、最近はこう言われてるようだ カスタムと言ったほうが高い金額を請求でき...>>詳細
刀狩り(かたながり)
1100カタナの生産中止からアニバが出るまでの期間、業者が中古車の流通量を制限して価格を吊り上げるために、中...>>詳細
カチ上げマフラー(かちあげまふらー)
バンク角を稼ぐために、上方に大きく曲げられた排気管 70年代中盤までほぼ水平だった排気管は、21世紀に入り45...>>詳細
カワサキ(かわさき)
趣味でバイクを作っているとしか思えない巨大企業グループの一部門。 もしかして、自衛隊用の開発のためか? ...>>詳細
皮ジャン(かわじゃん)
主に牛皮で作られた上着の総称 摩擦と熱に強いので、ライダーが好んで着用する。 その一方で、極地の住民や登山...>>詳細
皮ツナギ(かわつなぎ)
大量の発汗によるライダー自身の軽量化を図るための、サウナスーツの一種 レーサーは特に気を使っている 短足がバ...>>詳細
缶コーヒー(ホット)(かんこーひー)
体温低下と利尿とカロリー摂取のためにライダーがよく飲む薬品のひとつ。 これはあくまで缶コーヒーという液体で...>>詳細
教習所(きょうしゅうじょ)
警察の子会社のひとつ 試験場と比べて免許は取りやすいが、相当の金額が必要である 天下り先のひとつであることは...>>詳細
ゴアテックス(ごあてっくす)
防水透湿素材のひとつ 水滴よりは小さく水蒸気よりは大きな穴が無数にあるフィルムを利用している 毎日のように着用...>>詳細
高級品(こうきゅうひん)
今日では、単なる高価格商品のことである つまり値段が高いだけのことで、消費者の虚栄心に強く訴えることが...>>詳細
高速道路(こうそくどうろ)
有料の自動車専用道路のこと 都市部では混雑するが、その他の地域では一般道よりすいている 道の中で、いちばん...>>詳細
個体差(こたいさ)
同一車種同士の、コンディションの差のこと。 使用・整備・保管状況の差によるところが大きく、国産であれば製造...>>詳細
車検(しゃけん)
役人の天下り先確保と零細企業救済のために制定された、無垢な国民にボランティアを強制する制度 景気が良くなって...>>詳細
純正部品(じゅんせいぶひん)
安価な一般機械部品を市価の数倍で売るための方法 絶版バイクのものは、物価に関わり無く毎年値上がりする...>>詳細
集合管(しゅうごうかん)
軽量化のために複数ある排気管と消音機をひとつにまとめたもの 視覚及び聴覚的効果が高い 素材を変えると価格を...>>詳細
ショップ(しょっぷ)
以前はバイク屋と言われていた、零細企業の総称 呼ばれ方はショップに変わったが、進化のほどは経営者の感覚によっ...>>詳細
スカチューン(すかちぇーん)
カスタム・ドレスアップ等の反動として生まれた、改造の1分野 シンプル、がキーワード ヘルメットもシンプル...>>詳細
スズキ(すずき)
多少の不具合は「スズキだから」のひと言で許される稀有なメーカー つまらないところが壊れるが、それ以外は長...>>詳細
ステンレスメッシュブレーキホース(すてんれすめっしゅぶれーきほーす)
油圧ブレーキ作動時に、ホースが膨張するのを防ぐための部品 これを装着しただけで効きが良くなったら、その...>>詳細
スナップオン(すなっぷおん)
アメリカの工具ブランド。 出荷前検査を省くために無償交換方式にしただけであり、これを根拠に品質がいいと主...>>詳細
スピードメータ(すぴーどめーたー)
速度計のこと 大地に対する単位時間あたりの移動距離を表示する 製造元も心得たもので、160キロくらいしか出て...>>詳細
チャンバー(ちゃんばー)
2サイクルエンジンの排気装置の一部 排気ガスに混ぜて大気中に放出するオイルを貯めて置くための装置 公害防止のた...>>詳細
特許出願中(とっきょしゅつがんちゅう)
商品に特許出願中とは書いてあるが、特許を取得したとは書かれていない つまり、商品を目立たせるための、単な...>>詳細
ナビゲーションシステム(なびげーしょんしすてむ)
地図を読めない者が使う機械 実際には、地図を読めない者が見ても良くわからない 寂しさを紛らわすために音声...>>詳細
バイク雑誌(ばいくざっし)
製品の長所だけが書いてあり、欠点や実用性、費用対効果については口をつぐんでいる書籍のひとつ 商業広告の...>>詳細
ハイサイド(はいさいど)
カーブで転倒した時のいいわけのひとつ...>>詳細
走り屋(はしりや)
よく整備されカーブが多い道路で猛スピードを出す自己中心的な輩の総称 あるいは、そういった連中が自己を正当化す...>>詳細
バッテリー(ばってりー)
蓄電池2次電池とも言う 最も進化していない部品のひとつで、今だに軽量化、小型化、大容量化されていない...>>詳細
バッテリーレスキット(ばってりーれすさーきっと)
バッテリーをはずして軽量化するために装着するもの アルミ電解コンデンサを数倍の値段で売ることができる...>>詳細
ハーレーダビッドソン(はーれーだびっどそん)
巨大なVツインエンジンしか作れない、アメリカのバイクブランド 長い間低迷していたが、最近ようやくまともな...>>詳細
反則金(はんそくきん)
徴税とともに、最も楽で確実な集金方法のひとつ まだ取ってもいない金額が警察の予算に組み込まれているので、是が...>>詳細
BMW(びーえむだぶりゅー)
ドイツのバイク・自動車メーカー クルマの快適さをバイクに求めている不埒なメーカーである 青白の丸いエンブ...>>詳細
フェンダーレス(ふぇんだーれす)
雨天時、後方車両の視界をかく乱するための改造方法 いいおとながする事では、無い...>>詳細
輸入パーツ(ゆにゅうぱーつ)
現地価格の2?3倍で売ることができる商品のこと...>>詳細
ライディングウェア(らいでぃんぐうぇあ)
非常に特異な美的感覚を持った人たちによってデザインされた衣服 ゴルフウエアと同じくらい、かっこわるい ...>>詳細
ランタン(らんたん)
主にキャンプなどで使われる、照明器具 視覚的な闇を照らす反面、心の闇をよりきわだたせる キャンドルランタ...>>詳細
レッドバロン(れっどばろん)
大規模化のメリットに気づきそれを実践した、唯一のバイク屋...>>詳細
ワイドタイヤ化(わいどたいやか)
走行抵抗を増やす、最も人気が高い方法 接地面積が大きくなるので、砂地走行には欠かせない改造である ...>>詳細

▲TOP